外からの音を遮断する

自動車や工事現場からの騒音が室内に入ってこないように、アパートやマンションなどの建物には防音加工がされています。防音工事は、使用する素材や工事の内容によって工事方法が異なるため事前に明確にすることが大切です。

続きを読む

防音加工されている

騒音によって住民の暮らしにトラブルが多発しています。そこで、騒音対策を取る家庭も増えてきています。壁や内窓などに外からの騒音をカットする加工が行なわれているため、静かな室内を保つことができます。

続きを読む

劣化を防ぐ

水回りは人が快適に暮らしていくために必要不可欠な場所ですが、毎日使うため劣化も早いです。そこで行なわれている工事が、水回りコーティングです。汚れや傷みなどの劣化を防ぎます。

続きを読む

電気の消費を左右する

水回りのコーティング以外にも多く行なわれているのが、窓ガラスのコーティングです。窓には様々な種類があり、それぞれの効果を発揮しています。季節に対応して機能しているため電気消費にも関わってきます。

続きを読む

未然に防ぐ手段

はがれてしまう前に再度コーティング

水回りは、赤カビや水垢などで汚れてしまいがちです。付着した汚れの中で雑菌が繁殖して、ぬめってしまったり異臭が発生したりすることもあります。そのため頻繁に掃除をすることが肝心なのですが、忙しかったり手荒れが気になったりして、なかなか掃除ができないという人も多いです。そのような人から需要が高いのが、水回りのコーティングです。これは、汚れが特に付着しやすい場所に、撥水効果のあるコーティング剤を塗るというリフォームです。水が弾かれるようになるので、赤カビも水垢もつかなくなります。それらがつかなければ、ぬめることも異臭が発生することもなくなります。ただしコーティング剤は、数年ではがれてしまいます。完全にはがれると、赤カビや水垢がつきやすくなります。そのため水回りのコーティングは、はがれてしまう前に再度おこなうことが大事です。

フッ素とシリコンの違い

コーティングをした後は、水回りの掃除は、弾かれた水や汚れを乾いたスポンジなどで拭き取るだけで済むようになります。基本的には、洗剤をつけてこする必要はなくなるのです。拭き取る際に、こすりすぎるとコーティングがはがれてしまうと心配する人もいるのですが、強くこすりすぎなければ、問題はありません。むしろフッ素コーティングの場合、軽くこすることで効果が一層高められることになります。こすると、コーティング剤に含まれているフッ素が次々に出てくるからです。このフッ素により、汚れがますますつきにくくなるわけです。シリコンコーティングの場合は、こすることではがれやすくなります。しかしシリコンはフッ素よりも撥水性が高いので、こすること自体、それほど必要ではなくなります。